しつこく復唱する新人

このような状況はありませんか?

上司
上司

これはこうして…こうして、こんな感じで仕上げてくれ

新入社員
新入社員

つまりこれはこうして、ここはこうするという認識で合っていますか?

新入社員
新入社員

(指示は間違えないように復唱するといいって本に書いてあったので早速実践してみた)

上司
上司

だからそう言っただろ?日本語理解できねぇの?

新入社員
新入社員

(怒られた。なんで?間違えないように復唱しただけなのに)

上司
上司

時間が無い中教えているのに、いちいちこの程度で足止めされたら時間がいくらあっても足りない

このような状況では、新入社員は指示を間違えないように復唱して確認していましたが、一方で上司は復唱されることで、スケジュール通りに進められず焦りを感じ、つい厳しい口調で伝えてしまいました。

このような状況で、お互いどのような言葉をかければよかったのでしょうか。それぞれの立場から考えてみましょう。

仲裁役(豚)
仲裁役(豚)

ここからは仲裁役の豚が間に入ってお互いの意見をインタビューしていきます!

新入社員へのインタビュー

新入社員(うさぎ)の意見

新入社員(うさぎ)

仕事でミスをして上司に迷惑をかけたくないので、指示を正確に確認しようと細かいことまで復唱していましたがに、逆に怒られてしまいました。自己啓発本を読んで、できる社員になりたくてやった行動だったので、怒られて戸惑っています。復唱せずにミスをしたら怒られるし、どうすればよかったのでしょうか。

仲裁役(豚)の意見

仲裁役(豚)

仕事を正確にこなそうと頑張った結果、怒られてしまい、どうしたらよいのか分からないのですね。確かに、初めての仕事で不安や緊張があるのは自然なことですし、指示を正確に理解しようとする姿勢は素晴らしいです。

ただ、細かい点まで一つ一つ確認していると、お互いの時間が足りなくなることがあります。指示を受ける時には、メモを取り、全体の流れを把握するようにしましょう。分からないことがあれば、一度にまとめて質問すると上司も助かるはずです。また、まずはやってみることも大切です。細かな点にこだわるよりも、全体の流れに沿って作業を進めると、疑問が解消されることもあります。

とはいえ、これは上司のタイプにもよります。上司(熊)の場合、都度確認するよりも最後にまとめて質問した方がよい上司だったのであり、新入社員(うさぎ)さんの復唱が必ずしも間違いだったわけではありません。

上司へのインタビュー

上司(熊)

上司(熊)の意見

忙しい中、時間を作って仕事を教えるのは本当に大変です。だから、いちいち復唱されて作業が止まることにイライラしてしまいました。確かに、言い方がきつくなってしまったかもしれません。でも、このままのペースで復唱されると他の仕事にまで影響が出てしまいます。もう少し自分で判断してくれたら助かるのに…。

仲裁役(豚)の意見

仲裁役(豚)

確かに忙しい中、どのように効率よく教えるかは指導者の永遠の課題ですね。新人が復唱するのは、指示を正確に理解したいからで、その行動は仕事に対する責任感の表れとも言えます。新人の責任感を大切にしつつ、例えば「指示をメモして分からないことがあったらまとめて質問してくれると助かるよ。とやんわり伝えてみると良いかもしれませんね。

まとめ

新入社員はミスを避けるために復唱して指示を確認しましたが、上司はその確認が作業の進行を妨げると感じ、焦りと苛立ちから厳しい口調で対応してしまいました。お互いの意図が伝わらず、双方にフラストレーションが生じています。円滑なコミュニケーションを図るためには、上司が新入社員の意図を理解し、丁寧に対応すること、新入社員が確認の理由を明確に伝えることが重要です。

当社の「通信教材」は、毎月、教材を郵送することで、ビジネスパーソンが初心に戻って学ぶ機会を提供しています。

通信教材で人材育成

通信教材を毎月ご郵送します

郵送のメリット

お手元に置くことで日常的に手に取りやすく、視覚的に学ぶ機会を増やすことができます。

関連トピックがコンパクトに一枚でまとまっているため、一目で見たい情報を確認できます。

本誌を題材に社員間の話の題材になり、人材育成やメンタルへルス意識向上にもつながります。

社員の立場に応じたコンテンツ

  • メンタルへルス対策
  • ハラスメント対策
  • 部下の離職予防
  • 育成力向上
  • メンタルへルス対策
  • ビジネスマナーの理解
  • 新卒社員の即戦力化
  • メンタルへルス対策

全員共通コンテンツ

  • 健康経営促進
  • メンタル不調対策
  • 多様性の理解
  • 合理的配慮の実施

ご利用の流れ
  • STEP1
    ご注文

    ご利用人数をお知らせください

  • STEP2
    ご入金

    ご利用開始前にご入金ください

  • STEP3
    冊子を送付

    毎月(第一営業日)に学習教材を送付いたします(初月は保管用のバインダー付き)

お気軽にご連絡ください
ご利用人数をお知らせください

通信教材へ興味をお持ちの方は

お気軽にお問い合わせください。